FC2ブログ
根っきり、はっきり、これっきり、あるがまま、感じたまま

からだハウス・びわのもり

からだハウス・びわのもりは、みなさまの笑顔と健康の為に、
真心込めてお手伝いをさせていただきます。
「For You」 あなたのために を合い言葉に!

【からだハウス・びわのもり・インフォメーション】

【健康ヨガ・新型コロナ対策について】
健康ヨガレッスンについては
こちらからご覧ください

【リラックス・ヨガ  会員随時募集中!】

よかったらポチッと!はなまるが喜びます web拍手 by FC2

先日ご紹介した、岩手県宮古の地酒

「港に朝日、水面の光」が朝日新聞に連載されましたのでご紹介します。

若者3人の思い込め新ラベル 老舗酒造店の日本酒 宮古

新聞
【新聞は拡大します】

岩手県宮古市の老舗酒造店が、東日本大震災直後から販売していた日本酒のラベルをリニューアルした。

手がけたのは地元出身の若者3人。震災から10年を振り返り、それぞれの思いをラベルに込めた。

 港に朝日、水面の光――

新たな題字が記されたラベルのデザインは、朝日が水面に反射する様をイメージした。

リニューアルを発案したのは、1852年創業の菱屋酒造店で企画・広報を担当している吉浜知輝さん(22)。

市地域おこし協力隊を務める傍ら、日本酒好きが高じて昨年9月から働き始めた。

震災10年に合わせ、これまで酒造りを続けることができた感謝を、新たなラベルで表現したいと考えた。

 求めに応じたのが、地元・宮古で震災を経験した2人だった。

デザインを担当した山根冬弥さん(23)は当時中学1年生。

山根さん

自宅はわずかに浸水したが、ほとんど被害はなかった。

自宅が流された友達に「お前はいいよな、家が残ってるから」と言われたことを覚えている。

自分は恵まれている――。返す言葉が見つからなかった。

山根さんは3年前から盛岡市内のデザイン会社に勤め、宮古市の協力隊のロゴも手がけた。

吉浜さんからの誘いに「自分にできることをしたい」と参加し、題字も提案した。

 その題字を書いたのが、吉浜さんの幼なじみで、今は北海道の大学に通う

山崎都(みや)さん(20)だ。


山崎さん

小学生の頃から習字を始め、高校時代には全日本書道コンクールでトップの大賞を受賞した。

 山崎さんは、宮古市内で最も犠牲者が多かった田老地区の生まれ。

震災時は小学4年生だった。

学校の裏山に避難し、体育館で一夜を過ごしたが、「友達といつもより長くいられる」と軽い気持ちで考えていた。

翌日、変わり果てたまちの様子を見て、衝撃を受けた。

家も車も流され、道はがれきで埋もれていた。

涙が止まらなかった。

 自宅は全壊し、家族とともに田老を離れた。

「当たり前だと思っていた風景や人間関係が一瞬で失われてしまった」と山崎さん。

「もう一度震災のことを思い出し、ちゃんと記憶にとどめておきたい」という思いで筆をとった。

 新たなラベルを貼ったボトルは、宮古や盛岡の店に並ぶ。

吉浜さんは「地域のために何かしようと無理して思う必要はない」と感じている。

「同じまちで育った若者が集まって、得意なことをかけ合わせたら、新しいものが生まれる。

それが復興の一つの形なんじゃないかな」

(藤谷和広)



関連タグ : 三陸宮古, 日本ビワ温圧療法師会,

岩手県宮古市 「ビワキュー宮」の山崎先生から、

とても美味しそうなお酒が送られてきました。

00IMG_0267.jpg

地元宮古の地酒、「菱屋酒造店」千両・男山

このお酒に書かれている「港に朝日、水面の光」のラベルが

現在、北海道の大学に通われる、山崎先生のお嬢さんの書だそうです。

00MG_0269.jpg

千両・男山 純米酒 「港に朝日、水面の光」

みなと照らす、みなも光る

震災から10年、

みなと手を取り奮闘した日々の努力は、

落ち込んだ宮古を明るく照らしていきました。

それはまるで、港照らす朝日に輝く水面のよう。

その光を受けて、今日を生きるみなも

街と供に輝いて見えます。

そんな皆様へ、これまでの多大なる感謝と、

これからも明るく照らされる日々を

迎えられるよう祈願して、

復興祈願の純米酒「フェニックス」の

ラベルをリニューアルしたこのお酒を贈ります。


と書かれています。

山崎先生一家もわが家を流されてしまい。

大変なご苦労をなされました。

現在は新転地に新しい家を建てられ

ビワキュー指導所 「ビワキュー 宮」 を開設されてます。

いつも大変お世話になっていますし

いつも励まされています。


また、忘れもしない3月11日がやってきますね。

関連タグ : ビワキュー, ビワ葉療法, 日本ビワ温圧療法師会, 三陸宮古,

コロナ禍の為、毎月都内で行われてた療法師勉強会がなく、

ライブ配信で勉強会はあるものの、復習しながら実技をやりたくて、

ご近所の療法師の方々とお勉強会をしています。

先月は4人。今月は5人。

今の季節の体調に合わせたツボやテーマを決めての施術。

びわキュー2

ビワキューは温かくて。 ゆるみます

びわキュー1

びわキュー3

やっぱりやってもらうのは気持ちいいわぁ~ 

いつもの茶話会は持ち寄りのおやつタイムがありますが、

コロナ禍なので、持ち寄ったおやつはお土産になってます。

それも楽しいです。

3月のテーマは何にしようかな…

楽しく気持ちよくお勉強できるのは幸せな時間です。

療法師になりたい方は、お声かけ下さい一緒に学んでいきましょう!!

関連タグ : ビワキュー, ビワ葉療法, 日本ビワ温圧療法師会,

平成10年5月25日

私が「日本ビワ温圧療法師」の療法師の資格を頂いた日、

今日でまる22年経ちました。

振り返ればこれまでたくさんの出会いと別れがありました。

患者さんに寄り添い、一喜一憂し共に学びながらの日々。

いろんな人生模様を感じながら、たくさん教えを下さった方々に心から感謝致します。

fc2bldddog_202005251456385b0.jpg

今日の会長のライブ配信の中で自らの病気を克服されたお話と、

「病気に出会って、病気に学ばないなら、病気になった意味がない。」

この言葉の意味の深さを教えてくださいました。

人と会えない今だからこそ、人の温かさや触れ合う力をすごく感じます。

これからも心と体の健康の為にお手伝いできる「びわのもり」でありたいと思っています。


関連タグ : ビワキュー, ビワ葉療法, 日本ビワ温圧療法師会,


緊急情報 【緊急事態宣言】
コロナウイルス

コロナウイルスと免疫力について

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)

COVID-19 に関する最新の情報は、

内閣官房ホームページをご参照ください

内閣官房








関連タグ : ビワ葉療法, 日本ビワ温圧療法師会,