FC2ブログ

ご案内

ここでは、「ご案内」 に関する記事を紹介しています。

からだハウス・びわのもり

からだハウス・びわのもりは、みなさまの笑顔と健康の為に、
真心込めてお手伝いをさせていただきます。
「For You」 あなたのために を合い言葉に!

【からだハウス・びわのもり・インフォメーション】

【健康ヨガ・新型コロナ対策について】
健康ヨガレッスンについては
こちらからご覧ください

【リラックス・ヨガ  会員随時募集中!】

よかったらポチッと!はなまるが喜びます web拍手 by FC2

岩手県宮古市 「ビワキュー宮」の山崎先生から、

とても美味しそうなお酒が送られてきました。

00IMG_0267.jpg

地元宮古の地酒、「菱屋酒造店」千両・男山

このお酒に書かれている「港に朝日、水面の光」のラベルが

現在、北海道の大学に通われる、山崎先生のお嬢さんの書だそうです。

00MG_0269.jpg

千両・男山 純米酒 「港に朝日、水面の光」

みなと照らす、みなも光る

震災から10年、

みなと手を取り奮闘した日々の努力は、

落ち込んだ宮古を明るく照らしていきました。

それはまるで、港照らす朝日に輝く水面のよう。

その光を受けて、今日を生きるみなも

街と供に輝いて見えます。

そんな皆様へ、これまでの多大なる感謝と、

これからも明るく照らされる日々を

迎えられるよう祈願して、

復興祈願の純米酒「フェニックス」の

ラベルをリニューアルしたこのお酒を贈ります。


と書かれています。

山崎先生一家もわが家を流されてしまい。

大変なご苦労をなされました。

現在は新転地に新しい家を建てられ

ビワキュー指導所 「ビワキュー 宮」 を開設されてます。

いつも大変お世話になっていますし

いつも励まされています。


また、忘れもしない3月11日がやってきますね。

関連タグ : ビワキュー, ビワ葉療法, 日本ビワ温圧療法師会, 三陸宮古,

書道にご興味がある方にご案内

書道の先生からいただきました。

【全書芸展】

全書芸展

【日書展】

日書展

ご興味のある方は、是非!!

関連タグ : 書道, 日書展,


駅に行ったらこんなポスター



夏の花火が中止になったので、この時期になったそうです。

短時間に沢山の花火があがるらしいわ。

寒そうだけど、行ってみようかな~。。。

【ラフター・ヨガ(笑いヨガ)ご予約受付中】

笑いヨガは人を健康にします。

みんなでたくさん笑って、免疫力のアップ!


日 時 12月24日(木)  10:00 から
      ※ 10分前集合してください

場 所 国分寺市 北の原地域センター
      ※ 集会室

会 費 500円


講 師 笑いヨガのスペシャリスト
       ※ かとう ヨッシー先生
        先生のブログ http://ameblo.jp/nisitokyo-laughteryoga/

持ち物 ハンカチ・お水(ペットボトル)・会費・いっぱいの笑顔 の以上です。



ちょっと気になってた方!

はじめて体験される方!

いっぱい笑ってみたい方!!

みんな大歓迎ですよ!!!



詳しくは、びわのもり おおもり 042-322-2161 
    こちらからも  E-mail http://biwaq.com/contact_oomori.html

いっぱい、いっぱいの方々をお待ちしています!!!!

お客さまがHeart&Pastel合同展示会に

作品を展示してあるので行ってきました。

00DSC_2156 のコピー

明日20日まで開催しています。
00DSC_2157 のコピー

かわいいカエルさんが
00DSC_2160 のコピー

パステルとは、
00DSC_2161 のコピー
優しいやわらかい色の絵に、とても癒やされました。

奥の部屋では、子どもたちがパステル体験をやってました。

ひとり ひとり個性があり、目を輝かせて描いている姿に

楽しんでいるようすが伺えます。

私もいつかチャレンジしようかな・・・・

パステルの先生「えんどうえみこ」さんの作品を買ってきました。
000DSC_3350 のコピー
カエル一匹に猫さん二匹

猫さん一匹にフクロウさん一羽
00DSC_3354 のコピー

一緒に入っていた絵画教室のパンフレットです。
00DSC_3342 のコピー
画像をクイックすると大きくなります


わが家のカエルさんもどきです。
00DSC_2162 のコピー

今日は久々の雨降り、梅雨寒です。

はなさん、まるさん布団の中で丸くなりました。

※ 昨日の出来事、お店の場所は全然雨が振らなかったのに、

200m離れた場所ではドシャ降りの雨でした。

雨に濡れるか、濡れないかを分ける200mの境界線でした。