FC2ブログ
根っきり、はっきり、これっきり、あるがまま、感じたまま

からだハウス・びわのもり

からだハウス・びわのもりは、みなさまの笑顔と健康の為に、
真心込めてお手伝いをさせていただきます。
「For You」 あなたのために を合い言葉に!

【からだハウス・びわのもり・インフォメーション】

健康ヨガ月間スケジュール
健康ヨガお知らせ blog 日程

【リラックス・ヨガ  会員随時募集中!】

よかったらポチッと!はなまるが喜びます web拍手 by FC2

施術ボランティアから帰ってきてから

熊本空港
0DSC_3611 のコピー

負けんばい熊本!!
0DSC_3612 のコピー

熊本城
0DSC_3618 のコピー

0DSC_3631 のコピー

0DSC_3640 のコピー

0DSC_3646 のコピー

0DSC_3652 のコピー

0DSC_3654 のコピー

熊本城には数々の想いでが・・・
今日は初日に伺った益城保健センター

到着すると「今日もお願いします」と順番待ち。

「2日続けてやってもらって夜目が覚めるくらい痛かった膝が痛くなくなった。

もう、3か月布団で寝てないからなぁー」
と、

ビワキュー当てると
「あー気持ちいい。あー気持ちいい」とうっとり笑顔になっていきました。

その笑顔は、私の元気の素!!

84才の女性も膝痛で、施術を始めると

「地震の時に私の上に重いドアや家具が倒れてきてなんとか這い出しだけど

手と足の指と肋骨骨折してて痛みがとれなかってのにビワキューで痛みがひいてきた。」
と笑顔。

若い方は、ここから仕事に行ったり家の片付けや畑や田んぼに行くそうです。

他の避難所からもビワキュー救療隊の噂を聞いて、来てほしい!と要請されました。

3日間で30人位の方に施術するなかで避難所の方々の強さ、頑張る力、優しさを学ばせて頂きました。

そしてビワキューの効果を再確認ができました。

支援金ご協力下さったみなさま。しっかりお届け致しました。

まだまだ終わったわけではありません。

募金ヨロシクお願いいたします。  感謝

0000.jpg

00.jpg



ボランティア3日目

5時半に目が覚めたので

水前寺公園までチンチン電車…

しかし7時半開門とあるので公園回りをお散歩。

公園には入れないけど中は見えるし緑の匂い、

そしてけたたましいセミの声、今日も暑くなりそう

かわいいツバメのヒナやシオカラトンボに巨大オニヤンマにも出会えて、いいお散歩コース

さぁ~ 今日もビワキューボランティアがんばるばい!!

000DSC_3697 のコピー

000DSC_3695 のコピー

000DSC_3701 のコピー

御船町議会議員 田上忍さんのブログで紹介していただきました。

田上忍と支え合う仲間たちの熊本地震活動記録【4月14日より】

http://jp.bloguru.com/organic/271317/2016-07-05

 http://jp.bloguru.com/organic/271329/2016-07-06
ボランティア2日目は、御船スポーツセンター

まだ280人いらっしゃいますが、以前は400人以上だったそうです。

今日も準備を始めると

「この間やってもらって、目ば軽ーなったんよ。スッキリするばい!」

と始めるのを待っててくださる方から始まり、

避難所に来てから手がむくみ指輪が取れなくなり指が紫になってしまい3日前に指輪を切ってもらったという 85才女性。

その後、指の痺れが取れなかったのに今日のビワキューで感覚が戻ってきたと嬉しそうに指を動かしていました。

また、震災後娘が住んでる名古屋と熊本を12時間かけて4往復した82才の男性が

長時間の運転で疲れと肩こり、目の疲れとがあったが

「ビワキューですごく楽になった」と笑顔 でおっしゃいました。

ここでもお年寄りのみなさん元気です。

ご自分のできることを率先してやられています。

みんなで助け合っていかんと!

今日は43人施術させて頂きました。

入り口にSMAPの中居君寄贈の素敵なマッサージ機がありました。

0100.jpg

0102.jpg
今日は朝から益城町の保健福祉センターでビワキューのボランティア。

多くの被災された方々がビワキューの施術を待っていてくれました。

自律神経失調症になり、夜眠れない方。

地震の時に倒れてきた家具が当たった打撲がまだなおらない方。

90歳の老人が保健福祉センターの仕事を頑張って手伝い肩こりの酷い方。

足に水がたまって痛む方。

ご自宅は見た目は大丈夫だけども、赤い紙が貼られていて危険なので
家の中に入れずに何も持ち出すこともできない。、
けれど、皆さんから頂いたもんでなんとか暮らしていけば良いと話される89才の方。

みなさんのお話はとてもとても辛い。

あふれる涙をこらえながらビワキューを当てたりもしました。

でも、みなさん本当に頑張ってます。

しっかり生きています。

そしてボランティアの私たちにもとてもやさしいです。

少しでも、楽になってもらえたらと明日も真心込めて施術します。

療法師ボランティア関東メンバー
0222222222222 のコピー

00333333 のコピー

044444444 のコピー

追伸

今は避難所にいるから仲間もいるし、光熱費もかからないが、これから仮設に入ったらボランティアは来てくれないし

光熱費もかかりとても大変になってくるとおっしゃってました。

また、いつも古新聞をお金に代えて洗剤を購入している方が

私達におやつにどうぞとチョコレートを下さいました。

ご自身のものでなく、わざわざ私達のためにコンビニまで買いにいって下さったお気持ちが本当にありがたいです。

がまだせ!! 熊本!!!