FC2ブログ

根っきり、はっきり、これっきり、あるがまま、感じたまま

からだハウス・びわのもり

からだハウス・びわのもりは、みなさまの笑顔と健康の為に、
真心込めてお手伝いをさせていただきます。
「For You」 あなたのために を合い言葉に!

【からだハウス・びわのもり・インフォメーション】

健康ヨガ月間スケジュール
健康ヨガお知らせ blog 日程

【リラックス・ヨガ  会員随時募集中!】

よかったらポチッと! web拍手 by FC2

去年も訪れた岩手県宮古。

今年もビワキューボランティアでやってきました。

東北新幹線

盛岡駅に着いたらお駅弁買って山田線へ

駅弁

去年は宮古までバスでしたが今年は山田線に乗ります



深い緑の山と透き通った川を眺めながらのお弁当。



13:10 宮古到着車でビワキュー宮へ



熊本から先生が来られて朝からヘルス・スキャナー&ビワキューが始まっていました。



宮古での夕食は !!!

やっぱり海の幸。 ウニたっぷりご飯や、お寿司





楽しいお喋りが止まりませんでした。

明日も頑張りましょう!

関連タグ : ビワキュー, , ビワ葉療法,

仙台の友人のお店が移転したと聞いていたので

連休を利用して会いに行くことにしました。

友人と合うのは四年前に遠刈田温泉に一緒に行った以来となります。

折角、仙台に行くので松島観光を兼ねます。

早朝4時に出発、8時40分に仙台南に到着して日本三景の松島に向かいます。
高速

9時15分に到着、駐車場はガラガラでも観光客は結構の人が出ています。

円通院&瑞巌寺

まずは、「円通院」から見学です。

円通院枯山水2

松原湾内の七福神の島々を表した枯山水「七福神庭園」

円通院 枯山水1

苔がとっても美しいお寺です。

円通院 苔

円通院2

伊達政宗の嫡孫、「光宗君」を祀っています。

円通院3

三慧殿

700年前の洞窟群

円通院 崖

円通院あ「バラ寺」としても有名だそうです。

ばら庭

ばら

円通院本堂

円通院中

次は、国宝「瑞巌寺」を表門から

瑞巌寺 門

長い参道がいい感じですね

瑞巌寺 道2

参道の真ん中から振り返ってカシャ!

瑞巌寺 道

瑞巌寺 中門2

国宝

瑞巌寺庫裡から本堂に入ります。

新しいヒノキの階段からいい香りが漂います。

瑞巌寺庫裡

この本堂に行く廊下から「臥龍梅」が見えました。
瑞巌寺1

「臥龍梅」
梅の木中

廊下から見える枯山水
瑞巌寺 枯山水

立派な杉の木
瑞巌寺 中門

廊下から観た「臥龍梅」「紅梅」

政宗公が文禄2年朝鮮出兵の折、自らの兜を鉢植にして持ち帰り、

慶長14年、当寺落慶の際、五葉松と共に本堂正面に手植えされた梅。

本堂に向かって、右が紅梅、左が白梅です。

梅の木

ゆっくりと観覧したいのですが、友人と約束の時間があるので駆け足で回ります。

ここ松島に来たら、観光船に乗らなければ、

チケットを買って乗船まで時間があるので五大堂に

観光船乗り場

五大堂に渡るすかし橋

橋

松島のシンボル五大堂は、数メートルの高さしかない小島の上に建っていますが、

松島湾に浮かぶ大小の島々と遠浅の海が津波をブロックしたので本堂の被害はなかったそうです。

五大堂

時間が来たので乗船します。  大勢の人が並んでいます。
きっぷ

仁王丸で約50分の松島島巡り観光をします。

曇り空なのがちょっと残念です。

船

「鐘島」
鐘島


「仁王島」葉巻タバコをくわえて座る仁王様の様に見えることから仁王島と呼ばれるそうです。
仁王島

島々

海鳥

潮風に当たって一周を終えたので、早速昼食

メニュー

一番人気のかき丼セット
メニュー2

牡蠣

海鮮丼
海鮮

あっという間に友人との約束の時間に近づいたので仙台市内に向かいます。

このビルの5階に移転しました。 「元氣館」
元氣館2

元氣館1

昔話に時を立つのを忘れます。 不思議な話も

本

今夜のお宿は「スパ泉ヶ岳」です。

スパ

RVパークでの車中泊
RVパーク

ここは、「仙台泉ヶ岳温泉やまぼうし」と隣接しているのでパスポートで両方の温泉が楽しめます。

よる

今日は早朝からの出発だったので、夕食後ゆっくり温泉につかって爆睡(笑)

翌朝に見つけた、トンボがかわいい

トンボ

やまぼうしで朝風呂に入って、青葉城址の「護國神社」に参拝して混む前に帰ることにしました。

看板

ご朱印帳を持って行ったら、ご朱印は9時からだったのでガッカリ

風景

仙台といえば伊達政宗
伊達1

伊達2

鷹

9時に高速に乗ってお昼食べたり、ちょこっと事故渋滞があったりしたけど、

夕食の買い物したりして3時には家に辿り着いたのでゆっくり休養ができました。
近所のズッキーニ畑





こんな風にニョキニョキ育つなんて、知らなかったわー
先日、おうちに帰ろう「そうしくんに心臓移植を!」で募金をお願いしていました。

そうしくんですが、日本国内において心臓移植手術を受けることが出来ましたの募金を終了いたします。

心より早期のご回復をお祈り申し上げます。

ほんとによかったですね

ご協力に感謝申し上げます。

そうしくん

【ご両親からのご挨拶】

このたびは、総司の海外での心臓移植実現のために多大なるご支援、ご協力を賜りまして厚く御礼申し上げます。

この程、総司は日本国内において心臓移植手術を受けることが出来ました。

まずは、ドナーとなってくださいましたお子様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

そして深い悲しみの中、最愛のお子様をドナーとして命を繋ぐ決断をしてくださいましたご家族の皆様には、言葉では言い尽くせないほどの感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。

その尊い決断のおかげで、総司は生きて家に帰れる日が近くなりました。

総司が発病してから不安で押し潰されそうな時、たくさんの励ましや温かい言葉を頂きました。

とても嬉しく、大きな支えとなりました。

そしてこれまで多くの犠牲を払いながらも、活動を続けてくださいました。

「そうしくんを救う会」役員の皆様とご家族の皆様には、ただただ感謝に堪えません。

ボランティアの皆様、募金箱やチラシ、ポスターの設置にご協力くださいました皆様、チャリティイベントを企画してくださいました皆様、

活動場所を提供してくださいました皆様、そして、尊い募金をしてくださいました皆様、数え切れないほど沢山の方々のお力添えで今があります。

そして最善の治療をしてくださいました医療スタッフの皆様、総司を応援してくださいました全ての皆様に、心より厚く御礼申し上げます。

現在、総司の容態は安定してきておりますが、まだ予断を許さない状況です。

大きな山は越えましたので、あとは一つ一つ乗り越えてくれたらと思います。

そして、繋いで頂いた命を大切に守り育み、兄弟たちと一緒に楽しい経験を沢山させてあげたいと思います。

今後とも温かく見守って頂ければ幸いです。 最後になりましたが、日本の移植医療はまだまだ遅れています。

総司のように、国内で移植が受けられることは非常に稀なことです。

そのため、リスクがあっても海外渡航を望む家族が絶えません。

総司のことをきっかけに、移植について考える機会を持って頂けたら幸いです。

2018年7月9日
髙橋 亮正 奈緒子


【そうしくんを救う会より皆様へ】

そうしくんをいつも応援してくださる皆様に、謹んでご報告をさせていただきたいことがございます。

突然のご報告となることをご容赦ください。

この度、そうしくんは思いがけず国内で心臓移植手術を受ける機会を得ることができました。

執刀医の先生をはじめ医療スタッフの皆様方のご尽力により、手術は無事に成功いたしました。

現在、術後の経過は順調で容態も安定し、ご両親に見守られながら過ごしています。

私たち救う会としてもまったく予想していなかったことで、いまだに信じられないような思いです。

この一報を受けたとき、そうしくんの命がつながるという安堵の気持ちと同時に、ドナーのご家族様のお気持ちを思うと、どんなにおつらかっただろうかと言葉では言い表すことのできない感情がこみ上げてまいりました。

ご家族様にとって、厳しい状況の中の重いご決断であったことと思いますと胸が締め付けられる思いです。

その慈悲深く、覚悟あるご決断には、感謝と尊敬の念しかありません。

そして、幼くしてお亡くなりになったドナーの方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

そうしくんを応援してくださった皆様には、すぐにご報告することができず大変申し訳ございませんでした。

国内での臓器移植にあたっては、プライバシーの問題など、配慮が必要なことが様々あり、このようなタイミングでの発表となりました。どうかご理解いただければと思います。

現在、新規の募金の受付及び街頭募金を停止しておりますが、本日をもって募金活動は正式に終了とさせていただきます。

なお、
お手元に募金箱やチラシ、ポスターがございましたら撤去していただけますようお願いいたします。

募金箱にいただいたお金は金融機関へのお振込みをお願い申し上げます。


皆様からお預かりさせていただいております大切な募金は適切に管理を行い、そうしくんと同じように海外での移植を目指し、病気と闘っている子供たちのために責任を持って分配させていただきます。

また、収支につきましては、後日当ホームページで必ずご報告させていただきます。

これまでそうしくんの命を救うため、様々な形でご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

今回の活動を通じて、沢山の出会いがありました。

そうしくんを助けようとする多くの方の熱い気持ちに励まされ、何度も涙があふれました。

私たちの周りには心温かい方が沢山いて、人が人を呼び、その思いの強さや行動力に深い感銘を受けました。

皆様の思いとそうしくんの「生きたい」という気持ちによって、今回このような形で命を繋ぐことが出来たのだと感じています。

ご支援いただいた皆様、応援いただいた皆様には、救う会一同、心より感謝申し上げます。

2018年7月9日
そうしくんを救う会 代表 内川絵理子


そうしくんを救う会

関連タグ : そうしくん,

忙しかった6月も終わり、緑と温泉が恋しくなり奥多摩へ



奥多摩湖を見ながら、どんどん車を走らせます



真夏の太陽がジリジリ暑い~  外の気温は31度です



緑がたっぷり



ここは山梨県丹波山村の「のめこいの湯」


人も少なくて、ゆったり入りました

帰り道の奥多摩湖もきれい



わさび漬けが食べたくなって途中下車してお店に寄ったら

どっかで見覚えのある写真が 「三瓶明雄さん」じゃありませんか?

鉄腕ダッシュで撮影されたそうです。

5IMG_4450.jpg

隣に写ってる方は、ここ奥多摩わさび千島わさび園のオーナー千島国光さん

5IMG_4452.jpg

偶然、わさび田から降りてこられてお店にいらっしゃいました。

5IMG_4448.jpg

「わさびは上からおろすんだよ」と優しく教えてくれました。

わさびの葉入りコンニャク購入。 ワサビのおまけ付きでした (^^)



車を走らせてると「燻製チーズ」の旗がパタパタ誘ってきます。

またまた帰り道から外れての寄り道「みやび工房・大多摩うまいもの館



くんせいチーズとくんせいナッツをゲット

ビールに合うおつまみ達が揃ってきました。

家に帰ると、暑い中のびてる子が ・ ・

5IMG_4460.jpg

暑いのでいろんな場所で、ペターってしてます