FC2ブログ
根っきり、はっきり、これっきり、あるがまま、感じたまま

からだハウス・びわのもり

からだハウス・びわのもりは、みなさまの笑顔と健康の為に、
真心込めてお手伝いをさせていただきます。
「For You」 あなたのために を合い言葉に!

【からだハウス・びわのもり・インフォメーション】

健康ヨガ月間スケジュール
健康ヨガお知らせ blog 日程

【リラックス・ヨガ  会員随時募集中!】

よかったらポチッと!はなまるが喜びます web拍手 by FC2

年始めに阿夫利神社へ参拝に行った際に

大山で見かけた、発泡スチロールの土留とビニール土嚢の件で

神奈川県自然環境保全センターに問い合わせをしていました。

今回の件できちんと対応していただき、

その回答が届いたので下記に記載しておきました。


日頃から本県の自然環境の保全・再生の推進について、

御理解、御協力をいただきありがとうございます。

お問い合わせの件についてお答えします。

「発泡スチロール」についてです。

この工法を採用した経緯は確認できませんでしたが、

盛土材料として、一般的に使用されている土木用資材であり、

地盤の安定を図るために設置されているものと思われます。

10年ほど前に施工され、当初は石材等で覆われていたのですが、

昨年10月の台風19号等による出水で、表層が流失してしまったものと思われます。

流水等に直接侵食されないよう石材等でカバーされていれば問題ないですが、

この箇所の様に露出してしまうと、侵食が進んでしまいます。

今後につきましては、周辺の環境に悪影響を及ぼさないような方法について検討し、対処してまいります。

次に、「ビニール土嚢」についてです。

以前は、麻袋を2枚重ねた土嚢を設置していましたが、

天然素材である麻は、腐食を受けやすく、また、登山者の多い大山では、

人の踏圧が加わり、短期間で破損してしまうことがあり、

現在では耐久・耐食性に優れるビニール製の土嚢を設置しています。

今後におきましては、可能な限り天然素材である麻袋土嚢の設置を検討するとともに、

巡視の頻度を高めるなど、登山道の適切な維持管理に努めてまいります。

神奈川県自然環境保全センター所長 小林 学

※なお、当メールは発信専用となりますので返信しないでください。

 ご不明な点などがありましたら、問合せ先電話番号までご連絡ください。

ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

(問合せ先)
自然環境保全センター 自然公園課 山中、成田
電 話 (046)248-2546


関連タグ : 大山阿夫利神社,