FC2ブログ

大花火の翌日は、小国町

ここでは、「大花火の翌日は、小国町」 に関する記事を紹介しています。
花火の翌日は、友人と小国町を探索

車からの景色は緑がいっぱい

田んぼの稲も元気に育っていました。

喉が渇いたので、まずは水分補給「諏訪清水」
一口飲めば寿命が延びると伝えられている湧き水です。
22P1190553 のコピー

ゆりとミツバチ
22P1190556 のコピー

小国芸術村会館
平成16年中越地震の為、山野田集落は全戸移転し施設だけが残りました。
22P1190559 のコピー
館内は撮影禁止です。
花瓶やオブジェに和紙が使われていました。

紙の美術博物館
22P1190565 のコピー

紙漉きの里で知られる小国地域和紙のオブジェが展示されています。
22P1190567 のコピー
床も壁もすべての家具も和紙が使われています。

長岡駅前に展示されている三尺玉
22P1190578 のコピー

22P1190581 のコピー

22P1190582 のコピー

22P1190584 のコピー



⇓ これは、海藻の「えご草」を煮溶かして型に入れ、 冷やし固めたものです。
小国町では、「えご」と佐渡では、「いごねり」と言います。
えご草は、新潟で有名な「へぎそば」に使われています。
11122P1190551 のコピー
故郷の懐かしい味を堪能させて頂きました。

花火を待ちながら雲の流れを見たり

田んぼの中を車でのんびり走ったりしながら

素朴な田舎を楽しめました。

今回、昼間から花火の場所取りをしてくれたお兄さん

おいしい枝豆やつけ物を作ってくれた智ちゃん

家族の一員のように楽しく迎えてくれた

お母さん、お兄さん、お姉さん、ココちゃん

今回花火に誘ってくれた友人

みなさんに本当に感謝です。 m(_ _)m
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://biwanomori.blog90.fc2.com/tb.php/421-dcff7d00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック