FC2ブログ

お彼岸中日

ここでは、「お彼岸中日」 に関する記事を紹介しています。
お彼岸のお中日に、とあるお寺に伺いました。

お寺に行く途中の坂にはこんな名前が (怖
1IMG_1552 のコピー

港区三田、曹洞宗 「玉鳳寺」
ご住職(三十五世 村山住職)からお聞きしたのですが、かなり歴史あるお寺だそうです。
1IMG_1554 のコピー

11時からの講演がメインでしたが、10時からの法要から参加させて頂きました。
1IMG_1561 のコピー

化粧延命地蔵(おしろい地蔵)
1IMG_1559 のコピー
このお地蔵さんを化粧すると傷・シミが綺麗に取れるそうです。

法要も終わり、村山住職から島田会長の紹介があり講演が始まります。
1IMG_1579 のコピー

会長の巧みな講話で皆さん盛り上がります。
1IMG_1605 のコピー
日本に古くから伝わる伝承医術の歴史
お釈迦様と枇杷との関わり
伝え続けられてきた日本人の心の教え等を
約1時間、時間がたつのを忘れるぐらいに
わかりやすくお話されました。

お客様の中に見たことのある方が、おわかりですか?
1IMG_1691 のコピー

会長の話で八正道、人として正しい生き方をする
その中で
 「正しい努力、無駄な努力、間違った努力」のお話に心打たれたそうです。
1IMG_1677 のコピー
政治の世界でも十分に通用すると思うんですがね。
挨拶されている、その後ろの和尚の顔が・・・(苦笑いしているように
1IMG_1670 のコピー


会長の講演が終わり第二部は、
崔宗宝(さい・そうほう)さんによるオペラ鑑賞
すごいのは・・・・
崔宗宝さんが私財を投じた「崔宗宝東日本大震災支援奨学金」を設立したことです。
1IMG_1685 のコピー
おちゃめなご住職の足元には、何しろ崔さん身長は190cmは優にありそう

生で聴くその迫力はご想像に
オペラの曲の他に
1IMG_1705 のコピー
日本の曲を心を込めてオペラ風に歌って下さいました。
改めて聴いた「ペチカ」や
宮沢賢治の「雨ニモマケズ」にオリジナルの曲をつけたものには感動。
ビックリしたのは、「君といつまでも」「北国の春」のオペラ版には驚きでした。
崔さんは、この日本が本当に心から好きなんだな~とつくづく感じてしまう歌でした。

彼女は、福島で被災して今は、崔宗宝東日本大震災支援奨学金で、
オペラ歌手を目指して勉強している二十歳の学生さんです。
1IMG_1710 のコピー
昨年、サントリーホールで歌った、素晴らしい才能の持ち主だそです。

で、もっとも驚いたのは、ここのご住職オペラが歌えるんですよ。
崔さんと一緒に歌うその素晴らしい声量に二度ビックリ!
1IMG_1724 のコピー

最後に村山住職が自ら漬け込んだビワ酒を皆さんに紹介してくださいました。
1IMG_1749 のコピー

村内ご住職は、カンボジアの僻地に小学校を立てたりとボランティアにも参加されています。

誰とでも気さくにお話をされる村山住職には、

崔さんのような素晴らしい方々がお集まりするようです。

そのような方々とご住職にお会いできてお話できたことに感謝です。

また、機会があれば「玉鳳寺」にお伺いしたいと思います。
0111IMG_1752 のコピー
最後に控室でご住職リクエスト「千の風になって」のアカペラは最高でした。

ご住職に頂いた本。
八正道の二番目の正思惟のことが書かれています。
1110IMG_1756 のコピー
曹洞宗に伺ってご住職に言えば頂けるかも? 本当に多分ですが・・・

本当に楽しい一時の時間を共有できてありがとうございました。感謝

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://biwanomori.blog90.fc2.com/tb.php/466-bbcd7e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック