FC2ブログ

「医は仁術」国立科学博物館特別展 

ここでは、「「医は仁術」国立科学博物館特別展 」 に関する記事を紹介しています。
桜が咲き始めてそろそろお花見かな、と思う

せっかくの日曜日に雨が降っちゃいました。

この間から始まっている「医は仁術」という展示会を見てみたかったので国立科学博物館に行ってきました。

そう国立科学博物館がある場所はお花見の名所にあります。
33DSC_1143 のコピー

雨の中ですが結構な人が出ています。
桜はあとに先にお目当ての展示会へ
33DSC_1152 のコピー

江戸時代に医療に携わった杉田玄白や多くの方々の医療に対する思いが詰まっています。




「医は仁術」とは医術は単なる技術ではなく、人を救う道である。
22DSC_1155 のコピー
「仁」は、儒教で重視された゛多を想う心゛である。古来より゛和゛を大切にしてきた日本で、
「仁」は身分の上下なく、誰もが持つべき思想として人々に受け入れられた、気配り、気遣い、
おもてなしのように、「仁」の心は日本文化の根幹となった。その「仁」が育んだ日本の医、
それは、途切れることなく脈々として今に繋がっている。

展示は 参考(Internet Museum
ここに展示内容の説明と動画がありますよ。

【第一章】病は、いつの時代も、身分の貴賤なく、人々を襲う。

【第二章】東から西から ~ 医術の伝来

【第三章】医は仁術 ~ 和魂漢才・和魂洋才の医

【第四章】近代医学と仁

【第五章】現代の医

の五章に別れていました。

神農さま
22DSC_1166 のコピー
神農とは古代中国の伝承に登場する、神話時代の皇帝。「三皇五帝」のひとりであり、
また医薬と農業の神である。

1DSC_0501 のコピー

薬箱
22DSC_1180 のコピー


22DSC_0502 のコピー

もぐさ
22DSC_0518 のコピー

鍼灸道具
22DSC_1226 のコピー

立派な霊芝
22DSC_0506 のコピー

精密な経絡図
22DSC_1242 のコピー

22DSC_0510 のコピー

「 醫不仁之術欲務為仁」
22DSC_0522 のコピー
明治4年に設立された中津医学校の初代校長、大江雲澤が在任中に医則を認めた。
以下に示すが、第一則が「 醫不仁之術欲務為仁」である。
第一則:医は仁ならざるの術、務めて仁をなさんと欲す 。
(醫不仁之術欲務為仁)

最後に上映されていた、鉄拳の新作パラパラ漫画「受け継がれる仁」は感動ものでした。

ここに展示してある数々の医療器具の精巧さには目に見張るものがあります。
当時の日本の医療は昔から受け継がれた伝承医術と西洋の医術が複合してできた、
素晴らしい医術だったと改めて関心しました。
天平2年、光明皇后の発願により、悲田院とともに創設され、病人や孤児の保護・治療・施薬を行った
「施薬院」から江戸時代の「小石川療養所」まで日本の医療は奉仕の心を大切に恵まれない人々など
誰にでも分け隔たりなく医療をしていたことがわかります。
こんな素晴らしい先人たちを尊敬しますし、こんな日本の医術を誇りに思います。
伝えられてきた素晴らしい先人の教えを、今になお大事にしていきたいと思いました。

展示会から出ると少し晴れ間が出ていたのでお花見を
44DSC_0550 のコピー

天気が良くないのに人が・・・
44DSC_0544 のコピー

もう八分咲きくらいに、今週末には、ここは大変なことになるんでしょうね。
44DSC_0540 のコピー

お花見と言えば、お酒!ビール?
秋葉原でやっている、「秋葉原オクトーバーフェスト2014」に立ち寄ります。
111DSC_0494 のコピー

世界の珍しい生ビールがいろいろと楽しめます。

11DSC_1132 のコピー

極めつけの桜ビール
1DSC_0496 のコピー

値段がちょっぴり高かったのが痛かったです。
11DSC_1136 のコピー
漢字源 「医」

o0800110412886535896.jpg

医という漢字のもとの漢字の説明です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://biwanomori.blog90.fc2.com/tb.php/467-38736af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック