FC2ブログ

もんじゅ:落下装置内部のピン切断判明

ここでは、「もんじゅ:落下装置内部のピン切断判明」 に関する記事を紹介しています。
もんじゅ:落下装置内部のピン切断判明

高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の原子炉容器内に落下、先月撤去した炉内中継装置(長さ約12メートル、直径46センチ、重さ3.3トン)について、日本原子力研究開発機構は8日、中継装置内にあるピン1本(長さ8センチ、直径1.2センチ)が、落下の衝撃で切断されていたと発表した。

 ピンは、燃料の受け渡し機器を動かすための駆動軸(長さ約10メートル、直径5センチ)内にあった。

駆動軸には、金属製の棒(直径約5センチ)と筒を組み合わせた接続部が4カ所あり、ステンレス製のピン計7本が筒と棒を貫く形で固定していた。しかし、駆動軸の位置が通常より約7~8センチ下がっており、調べると1本が三つに切断されていた。断片は棒と筒の穴の中に残っているように見えるという。

 機構は今後、ピンの切断面の形状などから、破片が原子炉容器内に落下していないかなどを調べる。

毎日新聞 2011年7月8日 23時02分(最終更新 7月9日 1時26分)

炉内落下の装置を回収で安心していたのに。

やっぱり「もんじゅ」なかなか安心させてくれません。

もしも、その時は、日本は、・・

逃げ場はありません。

というより、世界中が汚染されます。

めでたく、国際テロ国家の仲間入りですね。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://biwanomori.blog90.fc2.com/tb.php/75-71fd82be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック